美容効果  抗酸化作用 アンチエイジング  費用  美容皮膚科  メリット 方法  症状  高価 血管  飲用  Sitemap

水素点滴を試してみる

水素点滴についての知識

水素点滴の効果

高価な治療法

水素を体に取り入れる方法として一般的なのは水素水を飲むことですが、
最近では点滴によって摂取する方法も注目されています。

点滴で摂取


飲用の場合は水素が効いてほしい部分にきちんと到達するのかどうかは
分かりませんが、点滴の場合は、患部に近い部分から投与するので
効果を実感しやすいというメリットがあります。


水素は善玉活性酸素には影響を与えず、悪玉活性酸素のみに反応して
無害な水に変えるため、これといった副作用もなく、過剰摂取による害もありません。


飲用するのと違って点滴の場合は、自宅で行うことができないので
美容クリニックなどの医療機関で治療を受ける必要があります。医療機関


どのくらいの量を点滴すればこの程度の効果が望めるといった基準が
まだないこともあり、クリニックによって料金に差がありますが
大体1万円前後となっています。


水素治療自体が発展途上のもので、広く普及されていないこともあり、
水素点滴もまだまだ高価なものとなっています。


注入する量や部位によっても金額が変わってくるので、
治療を受けたいと思うクリニックに確認しましょう。


また、水素点滴は一度受けたら終わりというものではなく、週に1度や
月に1度といったペースで定期的に受ける必要があります。


美容や健康への投資とは言っても、決して安い金額ではありません。
ただし間違いなく効果が早く実感できるので、効果を試してみたいという人は
一度点滴を受けてみてはいかがでしょうか。


治療費は保険適用の対象外ですが、疾患治療を目的としている場合は
医療費控除の対象になります。

 

 

摂取量に基準はある?1日に必要な水分量

 

水は生命活動をサーポートするためにも重要で成人の体の55~60%を占めていて、水の摂取量の基準は設定されてませんが
人の体にとって水は欠かせないものです。

 

水の中には口から飲む飲料水と食べ物に含まれている摂取される水、体内で栄養素がエネルギーに生成される代謝水があります。

 

摂取される水の総量は1日約2.4Lで、内約は飲料水から1L・食事から摂取する水は1.1L・代謝水は約0.3Lです。
水の1日に必要な水分量は欧米の研究成果によると目安は生活活動レベルが低い集団でも1日2.3~2.5L程度で、
生活活動レベルが高い集団でも1日3.3~3.5L程度です。

 

水の摂取源は欧米諸国の植物由来が20~30%で残りが飲み物の70~80%なので、1日1.5Lの水を飲むべきになります。
水を飲まないと人の体は食べなくても水さえあれば1ヵ月近く生きることも出来ますが、水が1滴も飲めないと2~3日で
生命維持が困難です。

 

体の水分は1%の損失でのどの渇き、10%で筋けいれんや失神となり20%で生命の危機になり死に至ってしまいます。

 

また体の水分が不足すると熱中症・脳梗塞・心筋梗塞など様々な健康障害のリスクの要因にも繋がり、水分を取ることは
健康の為に重要です。